洗顔フォームや化粧水はランキングを比較してゲットしよう

配合される美容成分

基礎知識を理解

化粧水の前に使用する化粧水が、いわゆるプレ化粧水と呼ばれるもので、人によってはブースターあるいは拭き取り化粧水とも呼んでいます。
その目的としては洗顔の時に残った水道水の塩素を中和したり、あるいは皮脂の汚れや古い角質を落とすのにも役立ちます。
更にクレンジング後の肌の保湿効果を高めることでその後に使用する化粧水やクリームなどの浸透を助けてくれます。
また洗顔時にはクレンジング剤を使用する人が多いですが、クレンジング剤による洗顔後は肌がアルカリ性の状態になっています。
これを肌本来の弱酸性に戻してくれるのもこれらの化粧水の働きです。
これらの化粧水はプレという名称からも分かるように、他の化粧水などを使用する前に用います。
クレンジングで汚れを落とした後に用いるのが一般的で、このタイミングで使用することで、後で用いる化粧水などの効果も最大限引き出すことができます。
使用に際してはコットンか手のひらに一定量を取ってからフェイシャル全体に馴染ませていきます。
コットンと手のひらどちらを用いるかは人それぞれですが、化粧品メーカーなどのホームページでは肌を痛めにくいことから、コットンを用いることを推奨しているケースがよく見られます。

利用が増える

基本的にプレ化粧水は他の化粧水やクリーム、保湿液などに比べて配合成分の種類は少なめです。
あくまで他の化粧水などの導入液としての機能を目的としているためで、余計な成分が多いと他の化粧水などの成分の浸透の邪魔となる恐れがあるためです。
しかし最近ではプレ化粧水でも特定の美容効果を得るために、特定の成分を含めた商品も増えています。
例えばその1つが美肌のために有効な各種成分の配合です。
保湿成分である植物性のセラミドを配合したり、酵母エキスや水溶性コラーゲンを含めることでみずみずしい美肌を維持することができます。
また薬用タイプでは美白有効成分を含めている商品もあります。
水溶性プラセンタエキスやビタミンC誘導体、リノール酸などが配合されている事が多く、日々の化粧を行いながら、美白を目指せます。
特に肌荒れは年齢を問わず多くの人が抱えがちな肌トラブルの1種です。
その肌荒れに対しても防止ケアができる成分を配合している商品もあります。
ビタミンE誘導体などがそれで、美肌の天敵である肌荒れを防止ケアしてくれます。
プレ化粧水はこのように最近では様々な目的のために、特定の成分を加えた商品も見られるようになっているため、商品選びで工夫をすることで美肌や美白を望むこともできます。
女性にとっていつもハリと潤いのあるお肌であって欲しいものです。
朝、お化粧をするときにノリがいいだけでも一日の過ごし方や気分が変わってきます。
どんなにエステやマッサージをしていても普段からの自分のお手入れの仕方で5年後、1年後の肌は大きく変わってきます。